ひとりごと

若手俳優おたくのひとりごと。

推しの舞台に行ってきた(首が痛い)※追記にてコメントへ返信有

推しが出演している舞台を見に行ってきました!

内容はオタクvsリア充スクールカースト下剋上のようなお話で、コメディー作品。

その中でも感動する部分がありました。推しくんはオタク側の役どころです。

 

最前で見たのですが最前で舞台見るのなんていつぶりだ…くらいだったので正直びびってました。舞台近いしライト当たるし出演者にも顔見えてるよね…?

感想としては、めちゃくちゃ面白かったです!2時間くらいだったんですが集中が途切れることなく物語に入り込めて、たくさん笑いました。

まず入った瞬間に舞台セットが見えるんですが、オタクたちが所属する部活の部室のセットで、いろんなオタクがいるのでそれぞれの席がある。(アイドルオタとかミリオタとか)

OPでは音楽を流しながらOP前のシーンで言った台詞の入った吹き出しを持って、そのシーンと同じ順で登場します。

キャスト紹介の時に、その吹き出しの裏がキャスト名になっていて「そうきたか…!」と思いました。このOPが好きすぎる。

 

劇中ではオタクには共感できる話(沼とか卒業はなかなか出来ないとか薄い本とか)の話がいっぱいちりばめられていて、多分見に来ている方は何かしらのオタクだと思うので(舞台俳優とかアイドルとか)、話が分かりすぎて面白かったんじゃないでしょうか。

(個人的には推しくんの口からBLという言葉が出てきたのが衝撃でしたが…笑)

台詞を全員で揃えて言ったり、ずっこけたりするシーンがあってちょっと吉本新喜劇的なものを感じたりもしました。

オタクの女の子もいるので有名スポーツ漫画の名前も出てきたりするんですが、そのスポーツ漫画の舞台に出ていた子もいて、自分のキャラ名を言っちゃってたのも面白かったです。

 

タイトルの「首が痛い」なんですが、最前ってあんなに見上げるもんなんですね…。

しかも推しくんは背が高い。めちゃくちゃ高い。ので見ようとするにはかなり見上げないといけない。

4,5列目くらいだとちょうど舞台と同じ高さで見やすいのかなと思いました。

 

舞台の中で客席にキャストが降りてくる場面があったのですが、推しくんが降りてきたのが私側で近すぎてヒイッてなりました。近すぎる。あんなに至近距離で見たのは初めてです。

お肌が白くて綺麗でした…。(しかし背が高いので見上げなければいけない。そして首が。笑)

 

見た後に推しくんが演じているキャラの子がものすごく愛おしくなりました。

彼もオタクなので、好きなものについて語っているのをうんうん、って聞いてあげたい。そんな感じ。

登場人物みんなキャラが濃くて素敵でした。

基本的に部活中の描写しかないので、クラス中とか趣味にいそしんでる時はどういう子たちなんだろう~!と考えたくなりました。

 

とっても楽しい舞台でした!!

 

P.S. この舞台のタイトルとか推しが誰か分かったぜ!って人がいたら是非コメントでこっそり教えてください。笑 (コメント承認制にしているので、私以外には見られないようになっています)

 

 

追記

コメントくださった方、ありがとうございます。

舞台の名前は合っています!見に行かれたのかな?

推しくんの名前は残念ながら不正解です。自分でも書きながら二人に当てはまるなあと思っていました。笑 これでもう分かったと思います。